読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

まとめて記事書くぞ

4/14からサボっていたので埋草的に日記的なのを思い出しながら書いていくぞ。

記事を書き忘れた金曜日。金曜日は午後から客先で打合せ。チームで作業していたんだけど、近頃チームも1人で1チームみたいになってて他の方の業務について知る機会が失われていたので、情報共有しようということになり、その発表会でした。

私もスピーカーの1人だったのですけれど、喋ることに決まったのが木曜日の午後。資料つくるのに時間ないなあ、と思ってそうだ、いままでつくった設計書でいっか、って思っていたら、他のみんなはちゃんと資料を作り込んでいて焦るという。

結局、6時間に及ぶ(長いよ!)発表会でしたが、時間が押して私の喋る時間がなかった、というw。

その前に別件について、説明を求められて30分ほどお話しましたけど別件については私も使い始めたばかりのものだったので資料もなにもないまま、持参したノートにたまたまメモっていた内容を元に説明しました。

このあとは打ち上げてしこたま食べて飲んでしたんで、当然ブログを書く時間は取れなかったというわけ。

今のWebニュースっていうのは、ソースがほぼツイッターなのが多いな

人気のツイートを漁っては転載の了承を貰ったら何か意見を付け加えて一丁上がりと。人気のツイートであるからしてある程度はアクセスが見込めるし、なにより調達コストがほとんどないからこぞって利用するんでしょうけれども…。

同じネタを同時期にいくつも違う媒体で見るの辛いわ…。

週刊誌でも新聞でもニュースっていうのは記者があまり知られていない出来事を発掘し、読み物になるように周辺情報を調査して付け加え、読み手に知らしめていく、という知る楽しみを提供するのが仕事なんじゃないの?そのためにお金払ったり広告見せられているわけだと思うのよ。

だけどさっき書いたみたいに人気ツイートを掲載してたんじゃわざわざその媒体を読む意味なんてないよね。元となるツイート見たほうが早いし、すでに見ていることのほうが多かったりもするしさ。

人気ツイートだけ読みたいって需要もあると思うけれどそれこそそういう bot がすでにいるわけで、そいつをフォローしとけばガンガンTLに流れてきますから、Webニュースを読む気になんてならんけどなあ。

そんな記事が多数供給されているスマートニュースとか Gunosy とかわざわざ読もうと思わないよ。あまつさえYahoo!ニュースもさらっと見るだけ。はてブのホッテントリは眺めて気になった記事にコメントするぐらいです。

無印で本3冊買うと併設されてるカフェでドリンクが1杯無料だったので3冊買ったよ

昼食とってぶらぶらキャナルシティまで散歩。まだ肌寒いね福岡市。桜も雨で散りつつある。

いつものようにキャナルシティには観光客が多い。中国系もしくは韓国系。今日はガイドが旗を振って20人ほど引き連れて歩いていた。妙にテカテカした服装だったり、男性なら髪型がいつぞやのテクノカットっていうのかしら、短く切り揃えられていたり、女性ならケバケバしい格好をしててすぐに分かる。何よりしゃべり方がどちらの国の方も喧しい。

そんな人達をやり過ごして MUJIBOOKS へ。無印良品を使った整理術の本が多数プッシュされていたので1冊購入。参考にしたかったし丁度よかった。

あと、シティ情報フクオカがパン屋さん特集だったのでゲット。390円で安いさ。あとは1冊は働くことについて考える本をチョイス。失念したけどあとで本の名前書くよ。

本を選んでいたらタイトルにあるように3冊買うとコーヒー只で1杯貰えるというから、さっさと会計を済ませてカフェでコーヒーを入れてもらう。

舌がアレなので美味しいのかどうかよくわからんかったけれども、コンビニのコーヒーと比べるといくぶんマイルドで刺激が薄いのかなーって。パンチが効いていないというか、そんなに淹れ立て!みたいな温かさでもなかったし、うーん…。

店の雰囲気は無印流の簡素でもお洒落、みたいなテイスト満点でここにいるだけで俺もそっち側の人間になったかのような錯覚しそうになった。違う。俺はこういうお洒落に店にはいつもビクビクしながら入っていたのだった。歳を経て、平気になってきてる。自意識も少しずつ薄らいでいっているように感じた。

自分のテーマに、どうにかして働かずに生きていけないだろうか、ってのがある。

残りの人生はおそらく40年弱なので、その期間に必要なお金を先に稼げないか。あるいお金が入ってくる仕組みがつくれないか。

ブログでのアフィリエイトもその一環だったけれど見事に不成功で。ブログ運営に必要なドメイン代やはてなブログプロのお金分は稼げているけれど、働かずに生きていけるほどの額は稼げていない。

本業はどうか。本業はSE。朝9時~18時の週5日。貰える賃金はまあ平均額だと思うけど、さすがに毎日働かなくてもいいんじゃね?って思ってる。

自分は親に大学まで出してもらったので、同程度の教育費は稼ぐ必要がある。あとは年金。少ないといっても正直、私は格安で家事をやれるスキルがあるから贅沢しなくてもやっていけると思うんだよね。1人なら。

あーとにかくお金を稼ぐなんらかの手段をせめて3つ!は持たないとあかん。

その勉強のために副業の本をいくつか買ったんだけど生かせてない…。読むとその瞬間は頑張れるのだけど、長いスパンで取り組めないってのが今の欠点。結果が出ないからだ。結果が出るようなマイルストーンを自分で設定できないといけないなって。

セミリタイアするにはそれなりの資産なり稼ぐ手段が必要で、それを謡っているサービスやセミナーが受けるのもわかる。みんな将来的にラクしたいよね。

そんな人達を出し抜くようなアイディアを実現するには、それこそ試行錯誤を繰り返し繰り返し成功するまでやり続ける力、体力が必要なんだよなー。

春先は眠くて仕方ない。今部屋も散らかってて片さないといけないなって思ってる。

まずはそれから。

はてなブログってとりあえず日付を連続させて記事を投稿すればいくらでも何日連続更新!みたない記録は偽造できる。

私のブログも100日以上連続で書いていることになっているけれど、このところほぼ2日空白のあと、あとから記事をまとめて書いて辻褄を合わせているところある。

でもねえ、読み手側からすると毎日何かかかれていようが、面白くなかったら意味ないんだよね…。

だけど、反面自分の書いた文章の面白さって自分ではわからないこともあるし、読み手の環境、境遇によっては土ストライクになる記事になってしまうこと可能性も否定できない。だからどんな文章であろうがとにかく書いて公開する、ってのは私はいいと思う。

ごみみたいな文章載せやがって!って怒る向きもあると思うけれど、人それぞれなのだから気にしないでいい、というかいわれたところでどうしようもない。

万人が気に入る文章なんてまず無理だしな!

とにかくなんでもいいので文章なり、できればイラストなんかも書くといいよね。差別が出来るし。

ところでワールドプレスの人、絶対あれ狙ってたでしょ。まったくもうまったく賢いな。

退魔の剣が抜けない

迷いの森でようやく対面した退魔の剣、抜くにはハートゲージがある一定数ないといけないらしく、今のところ抜けない…。

祠4つクリアでハートか頑張りゲージのどちらか拡張できるのですが、頑張りゲージ拡張しすぎたのかも知れない。現在頑張りゲージは2周してる。

謎が解けないもしくはガーディアンが強すぎてクリアできない祠が10以上あるのでそれらをなんとかすればハートゲージを増やせるのだけれど今のところなんともなあ。

頑張りゲージを一時的にハートゲージに取りかえることもできるんだけど、それは最後の手段かな。できれば正規?の手順で剣抜きたいんよね。

隠れている祠だと、探し出す苦労はあるけれど祠内の謎解きは簡単なケースが多いので、そっちを中心にいまあちこち探索しています。

マスターソードを抜いたらとうとう厄災ガノンのいるハイラル城へと進入を開始する。

その前に思い出イベントクリアしときたいし、持っている服は全部★3つにしときたい。

話は変わるが、スペランカーの体験版がダウンロードできるので娘とやってみた。携帯モードだと画面が2つに分割されるんだが、画面が小さすぎて遊びにくかった。

また、へんなストーリーモードがついてて違和感あったなあ…。2Dゲームの進化の方向としてどうなんだろう?って疑問がある。表示だけ3Dとかスーパードンキーキング的なテイストを感じて、ノスタルジーさがより増した感じ。買おうとは思わなかったなー。

次はマリオカートが控えている。けどレーシングゲーム別に好きじゃないんだよなあ…。楽しめるだろうか?

Amazonさんにアソシエイト断られる

通勤中にスマホにメールが来ていたのでなにかなーって思ってみたらAmazonアソシエイトさんから「違反してるでアカウント凍結しまーす」って。

え。

違反の指摘内容に思い当る節がありすぎるのでしょうがないなあって思ってます。初期の頃から登録して使っていました。そのときの規約覚えていないですし、かれこれ10年以上はお目こぼしい頂いていたってことなんでしょう。

このブログからAmazonアソシエイトの広告は外していきます。はてなブログの機能で追加したものについてはすぐ外せるんですけど、URLを手でつくったり、別のサービスでHTMLタグをつくって貼ったものは一つ一つ手作業で外さないといけないので面倒やなあ。

これを気にブログのモチベーションもより下がりましたけれど、これは何か新しいことやれ、という啓示なのかも知れないと思って受け止めようと思います。

スポンサードリンク