読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

生前贈与ってよくわからんなー

母に1番安上がりに相続させたいので調べろ、っていわれたけどあれよね、普通に税理士に相談したほうがよさそうだ。 ネットにいろいろ情報があるけれど、結局母の持っている総額がいくらあるかわからんから、なんともいえんみたい。

額によって控除額ってかわるみたいだしさ。

だから専門職が出来て仕事として成り立つわけだけども。1度ちゃんと調べて理解すればいいんだろうけれどそれに掛ける時間勿体なさ過ぎる。

http://www.baikyaku.polusnet.com/fxpg.php?fn=436

http://www.taxhouse-hokkaido-zeirishi.com/iwamizawa/news/article/18

http://okane-shiritai.com/the-taxation-system-for-settlement-at-time-of-inheritance-demerit/

https://souzokuzei-pro.com/columns/11/

あとでみる(みない)。

「ぼくたちにもうモノは必要ない。」のか悩む

わかるんよね、いってること。著者みたいに必要なものスーツケース1つにまとまるってのはまあ、あそこまでいけば精神的、物理的な開放感が物凄く感じられるんだろう。

でもね、私の好きな古参ユーチューバーテラミナトさん見てたらさ。

https://www.youtube.com/user/teraminato

彼は今年で50歳なのかな。それまで買ってきたゲーム機を大事にしていて、ことあるごとに持ち出してはうんちくを語るのだよね。それが好きで。ゼルダは昔のハードから新しめのハードまでコンプリートしていたり、昔のPCゲームのソフトを綺麗な状態で持っていたり。

フロッピーディスクのゲームも当然あるのだけれど、カセットね。MZ2500とかX1とかあの頃のソフトをあんな美品あんのかよ!ってぐらいのもの持ち出してくるのよ。当時あんなの買えるのは相当のセレブ。品のある物腰を見て分かるけれど、実家は資産家だったのではないだろうか。

というわけで、ものに縛られているかもしれないけど、縛られているにしては軽やかに生活している彼を見ているとね、ミニマリストの主張どうなんだっていう気持ちもあるだな。

まあ実際のところいえばさ、お金のない私はミニマリスト側の人間なので、中途半端なコレクション持つぐらいなら処分して、コレクション持ちの方にときおり見せてもらうぐらいのほうが健全ってことは、頭では理解している。頭ではね…。

tofubeats好きになった

星野源のラジオで、tofubeats の企画動画(YouTube) が面白いっていうからみてみたら面白かった。

いまどき手打ちタグのHPって凄いな。

tofubeats については森高千里をフューチャリングした曲書いている人、ぐらいの認識しかなかったのですけど、この企画動画「HARD-OFF BEATS」見たら面白かった。手作り感が微笑ましすぎるしそれに反してやってることのギャップが凄い。


HARD-OFF BEATS 2017春の陣 東京発着編 第1話「構想5年」

「HARD-OFF BEATS」はtofubeats ら仲間のミュージシャンとハードオフにいって、決められたお金の範囲でレコードを手に入れ、それらからサンプリングした音源のみで曲をつくって勝負する、というもので、元ねたは海外らしいけど、これさあ、遊びとはいえ公開しちゃうってことはよ、実力に自信がないと、恥を世界に公開するってことになるわけで、その自負は凄いし、実際できる曲はすごいなあって素人としては思うし、しかもそれを楽しそうにやってるんだから、見ててこっちもほっこりする。

そして、関連動画見てたらtofubeatsの新曲「WHAT YOU GOT」にはまり、これが収録される最新アルバムも iTunes で予約してしまい、まんまと彼らの思う壷だったなあって思った。


tofubeats - WHAT YOU GOT (視聴動画)

あとDAOKOもいいなと思った。なにこのこわかわ美人


DAOKO 『水星』 Music Video[HD]

ずきゅんの破壊力。くそかわいい


DAOKO 『BANG!』 Music Video[HD]

いつまでも緊張感

40歳越えても仕事で締切りに追われて心理的に追い詰められるわけなんですけれど、これいくつになってもなくならないんだろうなあ。旨が締め付けられて下腹部がじーんと重みを感じる。体がずっとこわばってて、なんども自分に「大丈夫できる」なんて言い聞かせて。

家に帰れば父の振りして、まあ実際父親なんだけど立派に働いている風に娘の前では過ごしますけど、眠り時間まで取り付かれたようにネット将棋指しまくったり漫画読んだり、手にはノンアルコール梅酒と細切りされた炙りイカ。焦りなのだろう。落ち着いていられない。

まだ眠れないってわけじゃないから、経験した中ではまだぜんぜん余裕なはずなんだけど、普段ぐーたら開発してたものだから、焦るわな。

でもねえ、こうやって普段使ってない心や身体を使うっていうのはよいことなんじゃないかとも思うのだな。

たまにアドレナリンが吹き出るような日々を過ごさないと、いざピンチのときになったときに耐え切れないかもしれんからだ。そういう意味で仕事での追い込みなんて、最終的にはケツまくればいいんだから、まあ死ぬことないんだけどさ。一緒に働いていた人の信頼を失うのはあまり嬉しいことではないので、それをふいにしないようなんとか対応する、みたいな感じですかね。

まあ金があればそんな心配もいらんのだけども。

むちゃぶりだろ

出社すると上司からメールが来てて、なんでも新人教育をリニューアルしたい、お前が担当だ、とりあえず3ヶ月後に成果出せ、計画は4月末までに提出のこととかあって。

あのさー、今日で5月8日なの。この話具体的になったの今さっきじゃん?なのに計画提出4月って、先月だよ?時空を超えないと無理じゃない?

まだそこまで進化を遂げてない旨を上司に伝え、日程を調整してもらう。

つか現在手がけている業務、日程を2週間前倒しにされたばっかりで余裕ないっつってんだろ。

暇な人にやらせればいいだろ、と遠まわしに交渉するもまともな人材お前しかおらん、とかいわれたらさ…まあ事実なのでせやなーっていうしかないわな。

というわけで、新人を短期間でプログラマーとしてデビューさせる計画が自社内で画策されたわけだけど、正直、すでにそんなサービスいっぱいあるし、仕事確約してくれる学校もあるんだからまずはそこにぶち込んでノウハウ学んできたらどうか、って思うんですよね。

いくらネットに無料で情報転がっているからっていって、それを精査する手間が途方もないわけでさ。

コストカットにも敏感な上司だけど目的は、短期間で戦力になる人材育成なんだからここでケチっても誰も幸せになれんだろうって思うよ。

やべ、8日分更新溜まってる

溜まっていますね。思い出しながら書かなくちゃ。書いているのが15日です。

7日というと連休最終日だったか。もう記憶ないな。ただひたすら月曜日会社行きたくねーーーーーー!って思ったことぐらい。寝る寸前の物悲しい気持ち。明日出勤ってなんでなんなに憂鬱なんだろう。

仕事がうまくいってたり余裕があったらそこまでいやな気持ちにならないと思うんだな。今抱えてる開発、ちょっと色々あって大変なことになることが発覚したんだよな、連休前にさ。それだよ、鬱々する理由。

あーもーやだー!

雨ふるギリギリで夜須高原記念の森へ

下妹家族といってきた。昨夜雨が降ったし朝から超曇り空でどう考えても降りそうだったけれどせっかくだし、ということで夜須高原記念の森へいってきた。

朝10時頃かな、現場に着くと駐車場には警備員の方のものしかなく、遊びにきたのは我が家だけだったっていう。

増水していたせいで噴水は停止してた。

そのときはまだギリギリ降っていなかった、ということもあり早速突入。まずは迷路。大人だと10分もかからないような規模の庭園迷路。子供たちは何が楽しいのか全速力で迷路を駆け抜けるんだな。ゴールにつくと再チャレンジ当たり前、みたいな顔して5周したあげく、私まで借り出されて走る羽目になった。いやーしんどい。

貸切だったしやりたい放題でしたね。

その後、山の上にある恐竜の形をしたでっかい滑り台をこれまた10回以上繰返して乗ってた。雨の影響でおしりがびしょびしょでも関係ないんだな。

自分の頃の気持ちがまったく思い出せないよ。あんなにフルパワーで遊んでいたっけな。

スポンサードリンク