トキンクラブ

執着もほどほどにね

他人と比べることほど、しんどくてストレスが溜まるので即やめたほうがいい

※8月3日に書いています

昨日、月収の話を書いたのですけれどね、知り合いに月収30万(手取り25万)で例えば福岡で30歳だったとしよう、そういう人がいたとして、その人と自分の月収を比較してみるとする。多い少ないあるよね?

で、ここでどんな感情が芽生えます?知り合いの人となりを知っていれば、そうね、なんであんなに仕事が「出来ない」人がこんなに貰っているか?とか、逆に仕事が「出来ない」けれどこんなに貰ってて凄い、とか考えちゃうのかな。でここでいう仕事が「出来る」「出来ない」の基準は自分と比べて、になってるんだよな。

「自分」と比べて仕事が「出来ない」のに「自分」より「多く」貰っている、とかさ。

序列をつくってその列内で自分の順位で一喜一憂するの大変よ。だって、上も下も限りなくいるでしょう。そんな意識の競争していたらいつまでたってもこれから抜けることはないもんねえ。ましてや自分は歳をとり能力が衰えていく可能性があるにも関わらず、バイタリティーのある若手、才能があふれる同僚なんかがいたりすれば、競争に負けて傷つくことになるもの。

他の人より優位、ってことがプライドだった人は、その土台が脆いことを知るべきです。

競争を勝ち抜くにはその順位を維持し、上げるためにはそれ相応の努力の継続が必要で、まあしんどいよ。天才なんかはそのへん無意識に出来る人だと思うのだけども。

で。

月収については自分が目指す生活にミートしていればそれでいいと思うんだよね。別に他の人より少なくたって、自分の理想とする生活が出来ていれば問題ないもの。他の人がどんだけ稼いでようが無関係だとは思いませんか?

思うに、自分の理想の生活イメージがない人なんだろうね、他人と比べちゃう人は。生活自体、他人のイメージを借りないと不安な人たちなんだろうなあ。マスコミに踊らされて、確固とした生き方を自分に課せない人。精神的な根無し草。他人の評価がないと自分を把握できないとか、そういうタイプからは卒業しないと。

そうじゃなきゃいつまでたっても他人の意見に流されてしまうよ。

テレビのワイドショーやネットニュースを鵜呑みにせず、自分のやりたいことはなにか、ってのを自問自答してからですよ、何事も。そして比べるなら自分の過去と。過去と比べて自分の成長・停滞をジャッジして一喜一憂すればいいですね。まずは身近な範囲から始めることです。

月収と月給と手取りの違い

※8月2日に書いています

Webサイトを放浪しているとよく求人広告を見かけますけれど、「月収30万以上!」とか「年収400万から!」って書いてあることが多い。

でもさー、実際入ってみて銀行に振り込まれる額ってそこからなんやかんや引かれて手元にくるわけよ。

  • 月収:1ヶ月単位の決められた額に残業手当とか通勤手当など変動するようなものは含む
  • 月給:1ヶ月単位の決められた額。残業手当とか通勤手当など変動するようなものは含まず
  • 手取:月収から源泉徴収(社会保険、所得税、市民税など)された残り

まーなので月収30万とかいっている会社に入ると、手取りは25万ぐらいですかね。年収360万もらっていたとしても、手取りは年間で300万。それが相場ってところでしょうか。 これを十分と取るか、それとも少ないと感じるかで生き方ににも差が出るでしょうね。勿論、価値観や住んでいる場所、持ち家かどうかなどいろんなファクターがあってのことなので人それぞれだとは思います。

私の感覚だと1人暮らしならこの程度で十分すぎるほどかな、と思いますが家族を養うとなるともうちょっと頑張らないと突き上げが厳しいだろうなあ、という印象です。共働きにしてこの倍になればかなり楽になるでしょう。

私の娘の時代では共働きが当たり前の価値感になるでしょうが、私の世代はね、親が専業主婦してるのを見て育っているものだから、夫の給料が下がりがちな昨今でさえ、働くの嫌、みたいな気分が色濃く残ってるように思います。だから親の年金をあてにしていた40歳家事手伝い、働いた経験無しみたいな人も、あてに出来なくなって労働市場に出るものの、働いたことないですからね、現場では使えない、みたいで。いやー、現場も辛いし本人も辛い。しかしまあ、家事手伝いで猶予される期間も過ぎたってこった。

そんな人ほどうまく生活保護貰ったりできるのかもしれないけども。

アボカドとクリームチームの簡単おつまみの見た目が地獄だった

※8月1日に書いています

自宅に何故か毎週買ってくるけれど調理されずほったらかしになっている食材の1つである「アボカド」。食べないのに何故か買うのか?嫁の気持ちがいつもわからない。牛乳や卵、食パンに今回はオクラなどが2つずつあった。先週購入して使い切れなかったのにも関わらず追加するのである。痴呆が進んでいるとしか思えない。聞いたところで「冷蔵庫気にしてないけど?」というのが落ちなので虚しくなるんだ。

私がしょうが焼き用に豚のロース肉どこで買うのが美味しくて1番安いか、なんてのを血眼になって探してようやく決断して購入するというのに、たいして安くもなっていないステーキ肉や刺身の盛り合わせ買ってくるからね。金銭感覚がもうアレ。いっても直らないし財布も返してくれない。3人家族の食費が月7万とかおかしい、とか思ってググって見たら、これ平均値なのか…。いやーこれこんなに掛かるわけないよ。

1食100円、3人で1日あたり900円、30日だから、27,000円。これで十分いける、というか私が調理を担当したらこれぐらいにはなるんだけども。3人の外食2回する(1人あたり2,000円、3人で6,000円、月2回いくとして12,000円)かかったとしても39,000円ですから、3万は貯金できるんだけどな。

「つくおき」はまだ勉強中なので土曜日にまとめて作る料理は今のところ2時間で7品目程度しか作れないけれど、もう少し修行を積めばメイン4品、サブ10品はいけるはずで、それらを昼飯と晩飯に用意できれば、毎日の食事も冷蔵庫から出してレンジで温める+ご飯炊く+味噌汁作るだけでよくなる。ご飯炊くのも味噌汁作るのも作業時間は短い(10分かからない)から平日でも苦痛じゃないし、何より1週間まとめて作ることで買出しも効率よくなる。

体感だと、週末に1週間分昼夜の食材は、調味料などを除くと大体2,000円かからない程度。5周あるとしても食材は全部で10,000円で揃う。で、毎週2,000円分の食材で昼夜家族3名分の食事、となると、朝昼2回×3人×7日=42食分を用意することになるね。こうやってみると、1食50円か。これはさすがにしんどいかな。

とかまあ、少ない予算でやりくり考えるの面白いなーとか最近。かつ美味しくかつ楽が出来る、っていうのが理想。

でこのおつまみの見た目が

上記サイトのレシピの完成写真はそれはそれはお洒落な概観なんですけど、私が作って冷蔵庫に保管して翌日見てみたら、もうね、見た目がヤバイ。チーズついたにアボカドの色が黒に近い濃い緑色で殴られたあとみたいな、バナナのくさったような色合いで食欲が超絶減退する見た目になってしまって…。食べたら超美味いんですけど。柚子胡椒なかったので入ってないんだけどにんにくが程よく利いててアボカドとチーズも違和感なく混ざり合ってて、ワインをあてにつまむの最高でした。

ちょっとした食材と調味料があれば思った以上に美味しいものにありつけるんで、料理は本当楽しいですわ。

今欲しいのは、テフロン製のフライパンかな。今使っているのはすっかりテフロンが取れてただの鉄のフライパンですから、やっぱり焼いてるとこびりついちゃう。最近だとハンバーグとか形崩れちゃいがちで、焦げ付きにくいテフロン製を試したいなあ、って思ってます。

勇者ヨシヒコ面白いなあ

※8月1日に書いています

Amazonプライムでシーズン1からシーズン3まで観られるようなので見始めました。

後輩のLineのスタンプにこれが使われていたので気になっていたんだよね。これ 2011年が最初なんだね。

脱力系の懐かしいRPG風コメディっていうのかしら。確かに面白いなあ。

Amazonプライム入っている人で、仕事のストレスを解消するのに丁度いい。心地よく笑えました。現在第5話。冒頭にでてくるゲストの人が豪華で、喜んでちょい悪役やっている姿、非常に生き生きしてていい。

おススメです。

朝5時前の室見川

※7月31日に書いています

4時半に起床しiPhoneのアラームを止める。「ここで2度寝したって痩せないだろ?」と自問して強制的に目を覚ます。用意しておいたスエットに着替え、首にタオルを巻き、Radiko CROMS FMに設定して出掛ける。

マンションから室見駅まで徒歩10分ほど。首を回したり手を振ったり軽く身体をほぐしながら移動する。まだ外は暗い。

▲薄暗いところからほんのちょっと明るくなったところ。7月後半の午前4時50分ぐらい

光が差し始めるのがこの時期だとだいたい5時前後。スロージョギングを始めてから20分経過したあたりかな。そこからまた1時間ほどゆっくりゆっくり歩くように走って汗を出します。起きたばかりで身体も乾いているからあまり汗はかきませんし、ゆっくりなので心臓もバクバクしないですし、膝にもあまり負担が掛からないんじゃないかな。身体的にはほぼ歩いているような負荷だと思う。だけどノンストップで1時間半移動します。

そういえば最近、昔よく走っていたおじいさんが見あたらない。どうしたんだろう、とか。

すれ違う人全員に掛け声をかけるおじいさんおばあさんうぜー、とか。

あの美人巨乳のランナーはちゃんとハードなブラして!動かないやつよ!クーパー靭帯切れた垂れちゃんだから!とか。

いろんなことを考えながら、早くお腹と太もも痩せないかなーと思いながら続けています。早く60kg切りたい!

娘が将棋指したがるの困ってる

※7月31日に書いています

正直、教えるの大変だわ。面白さに到達させるために辛抱強く付き合う力が私にはもうない。自分が親父を倒したのが小学3年生。今娘も小学3年。運命を感じる。

自分はどうやって覚えたのか…。ルールを親父から教わったあとは学校で友人と指したんだったっけかなー。当時は遊ぶゲームも限られていた、その中での将棋は比較的学校内でも登場する機会は多かったかもしれないね、今より。それに、自宅では父親や近所のおじさん、おじいさんなんかとも遊んでいたような。親戚のおじさんや親父の友人も遊んでくれたっけ。親父の会社の親友は私が中学生に上がったときに記念に、脚付きの将棋盤と駒をくれたんだよなあ。ありがたかったなあ…。

で、小学低学年の頃、入門書も何度も読み返したし、確か内藤国雄先生の本だったな。そっか。自習だな。基本は本を何度も読んだんだ。そのあと親父は将棋道場に連れて行ってくれたんだよな。まだあるかな。名前忘れたけど。確か歯科技工士で羽振りのいい人がやってたんだよな。ちょっとググっても出てこないな…。結構でかいうちの側にある2階建てでさ、階段を昇った2階に道場があった。囲碁が本当はメインだったのかも。双方あった気がする。

長距離トラックの運ちゃんが毎回いて、いつも指していたよなあ。そこにいる人ほぼ歳上だったのでずいぶん配慮してもらった気がするよ、今思い出したら。

あ。当時、真部九段のような挑発色男で妙に強いおじ様がいたなぁ。いつも他の高段者相手に駒落として勝ちまくってたなあ…。あと自称医者とかいううさんくさいおっさんとか。懐かしい。

いつも夜中に連れて行って貰ってたんだよな。あのころは中学生だったか。

親父が行き帰りの車の中で都はるみ「アンコ椿は恋の花」のテープがいつも流れていたことを思いだす。

ベローチェが真夏日にアイスコーヒーMをLに無料でサイズアップしてくれる

※7月31日に書いています

んだけどそこまで飲みたいか、いわれると別に…っていう。だけど毎回聞かれるので、最近では最初からアイスコーヒーをLサイズで、っていってる。8/31までやってるそうなのでベローチェにいった際は確認してみてください。アイスティーも対象らしいです。

そんなことより最寄のベローチェ、喫煙ルームの空調が故障してるせいか最近店内が涼しくないんだけど、それが逆にいつもキンキンに冷えている店内より過ごしやすいなあとか思ったりする。んだけど、朝暑かったりすると、うへー店の中入っても涼しくねえーって思っちゃうから難しいところです。

ベローチェ的なほんの数分の時間つぶしのための場所ってありがたいけれど、もっとどうにかならんのかなって気もする。正直そこまで美味しいコーヒーとも思えない。210円でその席を時間借りしてる、そんな気持ちだったりする。逆に210円でくっそ美味いコーヒーを所望するほうが罰当たりというか傲慢であり、無茶振りってことよね。

だからこそコンビニやマックの100円コーヒーは値段のわりに頑張ってる、という評価があると思うのだけれど、実際のところどうなんでしょうねえ。そもそも美味いコーヒー飲んだことあるのか?っていう話からはじめたい。どこで飲めるん?

あ、この間おいしいかき氷屋で飲んだ「アイスカフェオレ」あれは美味かった。調べてみると「豆香洞ブレンド」のようだ。たしかここ有名よね。つか福岡も沢山コーヒー豆屋っていうのかな、あるよね。ここをさまよえば出会えるのかもしれないなあ。まずは博多リバレインモール店でどのぐらい美味しいのか試してみるかな。なんたって「ローストマスターはコーヒー焙煎の初代世界チャンピオン」だそうです。世界一かよ!

スポンサードリンク