トキンクラブ

執着もほどほどにね

大型書店で散財して本を抱えて居酒屋で飲みながら読む幸せ

月一回、週末は定時に退社して、そのまま天神市役所側のジュンク堂書店へ足を運ぶ。最上階の漫画売り場を回遊後、1つずつ降りては本棚を覗いて、今流行りの書籍の表紙を眺めて歩く。

そして気に入った書籍を抱えて会計を済ますと、もう一度エスカレーターを使って2階のサイゼリアに駆け込み、グラスワイン片手にソーセージをつまみながら、購入した書籍に目を通す。なんて幸せな瞬間なんだろう。

私は昔から本を読むのが好きで、今でも福岡市総合図書館にも通っているし、電子書籍なら kindle white paper 所有者でこの間もかん吉さんの書籍を手に入れたばかり。だけど、やっぱりモノとしての本の魅力もあるし、なにより購入するのは所有欲を満足させるので、図書館で借りるのとはまた違った嬉しさがあるんだよなあ。

博多で働いているので、大型書店という意味では、バスセンターにある紀伊國屋書店や、博多駅ビルの丸善なんかも捨てがたいのだけど、なんといってもジュンク堂書店は、側に博多市役所があるじゃない?で、これから夏になると特にそうだけど、イベントをやっていることが多いのよね。それに遭遇する楽しみもあるよ。今日は、ベルギービールのイベントがあっていました!またそばの天神中央公園でも結構イベントやっていることあるし、それに偶然に出会えたときのお得感も楽しいんです。

(それをいったら、博多駅前でもビアガーデンやってましたけどね。)

そうして小一時間ぐらい堪能したらそそくさと帰宅するのです。 こうやって自分にとって「楽しい」経験は何事にも変えがたいです。ニコニコ顔で帰宅したほうが家族にとってもいいですしね!

今日の散財(2冊)

将棋世界6月号」

将棋世界 2015年 06月号

将棋世界 2015年 06月号

「ゆかい食堂セレクション お肉編」
ゆかい食堂セレクション お肉編 (星海社COMICS)

ゆかい食堂セレクション お肉編 (星海社COMICS)

スポンサードリンク