トキンクラブ

執着もほどほどにね

焦っても無駄だよ、ってことはわかってるんだけど

図書館で借りた本、気づくと返却日になってたんで急いで読み終えたはいいけど、 ブログに感想を書くほど良い込めていなから再読したい。

図書館サイトにログインして延長ボタンを押そうとするも、すでに2名が待っているので延長できない…。

そういうときも、あるわな。

感想をかけない時もある、と割り切る。 もったいないなー、と思うときもあるけれど、それはそういうタイミングだったと思ってしまうこと。

無理してひねり出すのも手としてあるけれど、自分のブログだもの、 自由にやればいいわけで。

▼▼▼▼▼

うだうだいいわけしているんだけど、まあ読んだ本について簡単な感想を書いておきます。

国家の盛衰 3000年の歴史に学ぶ(祥伝社新書)

国家の盛衰 3000年の歴史に学ぶ(祥伝社新書)

  • 3000年の歴史を国家単位で俯瞰し、日本の進むべき道のヒントを渡辺昇一、本村凌二が語る
  • 扱っている国家は、ローマ、スペインオランダ、イギリス、アメリカ、中国、日本
  • イギリスの項で渡辺昇一が自助論を紹介しているが、これはイギリス経済発展の原因の1つである、蒸気機関などの発明者に言及するため。
  • 自分で自分を助けることでこんなに成果を上げた人いる、そういう人が多い国は富むという本として、イギリスで聖書についで売れたとのこと。
  • まあいろんな国が栄えては衰えたわけだけど、日本は社会政策、高い民度、エネルギー政策を間違えなければ大丈夫、という話
  • その3つをクリアするの結構大変だと思うのよね...

図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」 (新潮新書)

図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」 (新潮新書)

  • 確かにすべての情報はネットで得られるわけでないなと
  • 欲しい情報を図書館からどのようにすれば取れるか、というノウハウ本
  • とはいえ、自分が欲しい情報って今のところネット上で間に合っているといえば間に合ってる
  • 研究テーマを抱えていしまったらそういう訳にはいかなくなるのだろうけれど
  • 仕事はシステム開発なのでネットの方が情報早いぐらいだし
  • 便利な図書館として福岡市総合図書館が挙げられていて嬉しい

40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法 (講談社ニューハードカバー)

40歳からの人生を変える1日10分速読勉強法 (講談社ニューハードカバー)

  • 与太話大杉。技術的な話が少ない
  • 特に目につく新しいことなし。1日10分は言い過ぎ、というか話が違う、10分関係ない
  • 「速読を意識して読めばいい」とかそんなんわかっとるっちゅーねん
  • 勉強のコツとして、全体像を掴むために、さっくり教科書全部に目を通すというのはよくあるテクニックだけど確かに効果はある
  • まあ、とにかく40歳になっても勉強しような!というのは頷けるけど、速読勉強法、というには内容薄すぎるで...

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集

図書館のプロが伝える調査のツボ

図書館のプロが伝える調査のツボ

  • 読み物として。調べる仕事って面白いなと。こういう仕事って給料どうなのか。

以上です。さて、返却に行ってこよう。

スポンサードリンク