トキンクラブ

執着もほどほどにね

青空文庫の英語版 / 翻訳する話

Gutenberg Bible

著作権の切れた名作を集めた超絶サンキューサイト「青空文庫」は有名ですし、お世話になっている方も多数いらっしゃると思います。若干古めですけれど古典名作をインターネットがつながってさえいれば楽しめるんですから、近未来に生きてる感、ありますよね?

勿論世界は日本だけではありません。海外にも当然同じような取組はあるわけです。それが「プロジェクト・グーテンベルク」。

その他いわゆる古典名作と呼ばれる海外作品が数多く収納されており、本日(2015/07/05)時点では 49,294 冊登録されている模様。やる気と根性で英語にチャレンジしてみるもの悪くないと思うんですよ。

で、本題。

サミュエル・スマイルズは著作はすでに著作権が切れており、著作権の切れた作品を収納したサイト「プロジェクト・グーテンベルク」に登録されている。そのため、英語が読める&インターネットに接続する環境がある人であれば自助論は読めます。

私、マナブ、折角なので自助論を翻訳をして公開したい、と考えています。まだ、なんにもやってないんですけれど。ほら、縁があって自助論と出会ってしまったんで、どうせ係るなら皿まで、ですよ。全訳にチャレンジです。

やる。

やるといったらやるんだよ!>俺

というわけでこのエントリーは決意表明のためのものでした。

宜しくお願いします。

www.gutenberg.org

スポンサードリンク