読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

ネガティブ思考に引きずられるな

greatbig cats negative

私はどちらかというとポジティブ側の人間なので、ネガティブな人の気持ちが分からない。 分からない、というか、論理的に考えれば明らかに問題がないのに、どうして感情に引きづられてしまうのだろう。

物事の大半は基本、うまくいくよな。例えば旅行に行く計画を立てたとする。 すると、私なんかはざっくり予定と必要なものを用意して、あとはワクワクしながら当日を待つ。 普通だよね?

だけどネガティブな人は、あらゆる失敗する可能性を想定する。雨が降ったら、当日体調が不良になったら、 着替えはいくつ必要か、etc。失敗の可能性に苛まれて挙句「行かない」とか言っちゃう。

失敗が嫌なんだな。

過去になにかあったんだろうね。失敗することで徹底的に責められたとか。 子供に完璧を要求する親がいることも確かで私もその犠牲者だったな。

なんなのかね、その親も。責任取りたくないんだろうけれど。

そもそもね、物事に完璧なんてありえないわけで、多かれ少なかれ失敗なことはある。 100%のうち1%失敗したとして、それを「失敗」と扱うか否か。 かりに扱うとして、「失敗」したことが問題なのか。

責任を負え、と責められるのなら負えばいいじゃない。旅行で言えば、1%の失敗といえば、 靴下の替え忘れた、とかレベルだと思うけれど、旅行先にコンビニで買うとか、洗うとかして しのげば問題ないわけで。

そんな些細な問題より、旅行にいって楽しめるかどうか、が本質じゃないか。

何かにチャレンジして成果を得ることが本質であって、そのチャレンジ中の些細な失敗なんて どうとでもなる、という意識でやっていけば問題ないよ。

問題ない、というよりぶっちゃけどうでもいいやん。

例えば家を購入する判断、といった問題なんかもそうで、賃貸派 vs 持ち家派のバトルはよく聞く例だ。

で、こういうのも結局、判断した結果を受け入れるしかないので、失敗云々を気にしても 仕方がない、問題点も前向きに受け取るようにやっていくのが賢明だよ。

失敗がいや、じゃなくて失敗したとしてもそんなのカンケーねー、と笑い飛ばしてポジティブに変換していける ようにしていこうじゃないか。

人生短いし、楽しく生きていかないともったいないよ。うん。

スポンサードリンク