トキンクラブ

執着もほどほどにね

やりたいことがあったらすぐ始める

始めるの早ければ早いほど、やりたいことは実現出来る。 当たり前だ。あとからやれば、あとにしか出来ない。

そんなことは立ち止まって考えなくても分かることだ。

なのに僕たちはどうして「すぐ」行動出来ないのだろう?

◆◆◆

そういう疑問を持つこと自体が、ナンセンスなんだろうなと思っていて。

だって、やれている人はすでに「取り掛かっている」から悩んでいる時間がない。 思ったら身体が動いちゃう人、閃いたらいてもたってもいられなくなる人っているんだよね。

だけどこの感覚って、誰もが持っていたんじゃないかなって。

小学1年の娘を見ていると思うんです。

アレやりたいコレやりたいって、気持ちを抑えることもなく、 ただ素直に主張をして、どんどん突き進んでいくんだよね。

彼女を見ながら、かつての自分を思い出す。

明日のことも考えず目一杯、遊んだなと。 力いっぱい友達と駆けずり回ったり、ファミコンしたりしたなと。

大きくなって聞き分けが良くなって、周りの空気に毒されて、やりたいことも抑えるようになって。

「常識」に従って生きていくようになっていて。

でもなー、やりたいことやらない何が人生だよと。

毎日会社にいってライスワークしてて楽しいのか、と(いや、楽しい部分もあるんだけどさ)

というか、日々に雑事に追われてやりたいことやれてねー、とか そんな言い訳したところで、やりたいことはひとつも実現できないわけで、 とにかく、フットワークを軽くしておいて、自分の内なる衝動が湧き上がったら スムーズにに行動に移せるようにしておきたいね。

スポンサードリンク