トキンクラブ

執着もほどほどにね

最近繋がらない IIJmio だったけど解決した

ほんとね、さっきまでLINEモバイルでSIMカード購入寸前だったたんですよね。トキンです。

ポケモンGOがリリースされた今年の7月、パケ死を恐れた情強ユーザーがこぞって移動してきたため一時期接続しにくい状態が続いた格安SIMの雄 IIJmio でありますが、設備増強がされたのか先月ぐらいまではストレスも感じずに使えていたんですね。

ところが今月に入って以降、妙に繋がらなくなりました。

場所は福岡博多駅周辺や天神です。朝のラッシュ時や昼休みなら分からなくもないのですが、たとえば事務所からおやつ買いにコンビニへいくとき、WifiからLTEへ自動で切り替わらない。

表示は切り替わっているけど、3Gが出ることが多かった。そしてポケゴーは接続できないせいか、起動画面のままフリーズします。

自宅のWifi環境から離れるときも同様で、Radikoがぶつっと切れますからね。そして再接続しません。接続速度が遅いとかそんなレベルやないんやで…。

設定→機内モードのオンオフをすると一旦接続が切れて改めて回線の接続にいくんですけど、再接続する確立が低くて大変なストレスでした。

で。

LINEモバイルならTwitterのパケットも気にしないでいいらしい。

IIJmio は契約したパケット量をオーバーして使っちゃうと速度制限を受けるので、通常は高速通信の設定を切って使用しています。

だからTwitterの写真や動画を見ることができないわけではないですが、表示が地獄のように遅いので泣く泣くテキストだけで楽しんでいるわけなんですども、そういうのが一切ない上に、いま IIJmioで払っている額と同じ程度なので魅力的なんですよね…。

登録事務手数料の3,000円がネックですがそれでも食指が動きます…。

とはいえ移るにしても現状の接続がしょっぱい状態を打破しないと困るわけでして…。

なので調べてみたのですが、あっさり解決しました。APNってやつを更新したら超絶繋がるようになりました。

原因はこのあたりとか

このへんなのかな?

でポイントはここの

Cellular Payload+パラメータ追加で安定性向上?

ところが、最近になって新しくわかったことがあります。構成プロファイルにおいて、Cellular Payloadにのみ存在する特定のパラ> メータを追加することで、iPhone・iPadでの通信の安定性が向上するようなのです。

docomo網を使ったMVNOサービスでiPhone・iPadのLTE接続が安定する

従来、IIJmioのSIMカードをiPhone・iPadに取り付けた場合、「LTE圏内なのに、3Gで接続してしまい、なかなかLTEで繋がらない」「通信ができるようになるまで極端に時間がかかる」という現象がありました。パラメータを追加することでこういった現象が改善し、速やかにLTEで接続できるようになりました。

つまりですね、今 IIjmio で使っているAPN構成ファイルを更新すれば、接続が安定するってことらしいです(よくわかっていません)。

APN構成ファイルの更新方法はココです。

私はIIJmioの公式アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」を使って更新しました。 IIJmio 使ってて同じような現象が出ている方がいたら試してみるといいと思います。

これで IIJmio しばらく様子見です。調子いいの今だけかもしれないしね。安定してくれたらもあるから自信を持っておススメできるんですけどね!

追記

安定しているのでおススメ記事書きました。

携帯代8,000円とか意味わかんない、格安SIM使おうよ - トキンクラブ

スポンサードリンク