読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

自己啓発本を渡り歩いている人に捧ぐ

座右の書はスマイルズの「自助論」です。トキンです。

自己啓発本を渡り歩いている人は、自己啓発に興味があって自分をもっと良くしたいッ、成長したいッと思っているけど、結果が出ないので新しい手法を求めてさまよっているいるわけです。

が。

そもそも成長する方法ってご存知ですか?

それは、

  • コツコツ真面目に取り組む
  • PDCAを回す
  • 結果が出るまで耐える

この3つが原則です。通常自己啓発本はこの3つについて、手を変え品を変えて伝えようとしています。 そしてこの3つの原則の前に、ロボット三原則でいう第零法則というものが存在します。

この3つの原則より前に優先されることです。

それは、

まずやる

ということです。

拍子抜けすると思いますがこの「まずやる」をやれるかどうかが正直最大の決断ポイントで、これさえ済めば、半分は成功したも当然といえます。それほどこの「まずやる」はハードルが高い、と感じる人が多し、実施やれていない。

自己啓発本を読んでも、自分を変える努力をまずしない。読んだだけで変われるわけではない。

決意をして行動する。

まずはそこから。

多くの人はそう簡単に人は変われない、って思っています。変われなくてもいいや、困ってないしという心理があるのです。

人は環境に作られます。だから自己啓発本では、環境を変えることを勧めているものも多いです。

例えば、仕事を辞める、とか。

当然生活できなくなって困ります。変わらないと生きていない。

変わろう、と決意出来るのならここまでしなくてもよいのですが、やれないならそういう手段もありでしょうね。

ちなみに、新人研修等で便器を手で洗わせる荒行をさせる企業があるようですが、ああいうのも結局今までの価値観を壊させることで本人の固定観念を破壊し、変えるための手法ですよね。やってみたら、以外とやれる、俺変われる!という高揚感を覚える人もいるでしょう。会社はそこから会社のルールをインストールしていくわけです。

同じように自分に対して、俺変われる、といわば暗示ですよね。暗示をかけるんです。コツコツ真面目にやりたいことに取り組むって。

変われる!という自信を一度手に入れることができればあとは、バリバリ突き進みましょう。

これはダイエットだろうがブログだろうが対象はなんであれ成果が出るようにやりつつければいいんです。

私はダイエットはこんな感じでした。

blog.tokin.club

まずやる。

そして、その決意をもとに

  • コツコツ真面目に取り組む
  • PDCAを回す
  • 結果が出るまで耐える

を実践する。

とにかくまずやる。これです。

私もブログ頑張ります。

スポンサードリンク