読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

あなたの人気のない零細ブログが短期間でたくさんはてブを貰える方法

えーっと、そもそもはてブ(はてなブックマーク)は1記事最大2つ!という経験しかないので想像でしかありませんが、たくさんはてブ貰える記事の特徴を仮定して、実際仮定した記事を書いて試してみます。トキンです。

目次

はてブされる流れを整理

はてブが沢山つく情況ってどうなっているのだろう。私が勝手にイメージしますと、

インフルエンサー(影響力のあるブログ・メディアサイト)に記事を

  • ブックマークしてもらう
  • 記事に取り上げてもらう
  • インフルエンサーのフォロワーがブックマーク
  • さらにそのそのフォロワーが以下略

という流れが1つ。これは爆発的に増えるケースかな。

それとは別に、偶然要素が折り重なるパターンもあるのではないか。

  • 検索でたどり着いて気に入ってブックマーク
  • 友人がのりでブックマーク

がかさなって、はてブ公式(http://b.hatena.ne.jp/)に拾われて、そこから拡散。

爆発的ではないにしろ公式に出ればはてブされやすくなるだろう。

知名度のない記事は普通こっちのルートでぶくまがつくのではないかな。

はてブされるポイント

私が考える、記事がはてブされるポイントを順位付けしてみる。

1. 書き手のバリュー

すでに名を成してある程度記事の書き手として認識されているような人の場合、中身うんぬんよりすでに名前を見たら記事の品質はある程度保障されているので、取り上げられやすい。

ヨッピーさんとかARuFaさんとか好き。

人気のない零細ブログには無理な話なのでスルーで。

2. タイトル

ブックマークって基本読む前にタイトルで峻別しているとこあると思う。キャッチーなタイトルかどうかが肝なようだ。

再読しているかん吉さんの「ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座」には5つのタイトル作成法が紹介されている。

  • 「あなたの~」からはじめる
  • コンプレックスを刺激する
  • タイトルの最後を「~の方法」「~の理由」にする
  • 数字を入れる
  • 有名なキャッチコピーを真似る

このようなテクニックをつかって人間の目の端留まらせて、ぶくまして貰える可能性を上げる。

また、最近の流行しているキーワードをいれることで、検索で拾ってもらいぶくまを狙う手もある、と思うのだけれどそんなに素早く検索botに見つけてもらって検索結果に反映されるのだろうか?

ブログの記事が検索に引っかかり始めるのは更新3ヶ月後とか読んだことがあるけどその辺りのどうなんでしょうね?

SEOは学ぶこと多いですね。

3. 中身

上2つは比較的に短期間に付くパターンかと思う。だけど中身で判断されるようなはてブは、じっくり記事を読んでからつけるだろうから、少しずつじわじわとはてブが付いてくるのではないか。

以上を考えますと。

零細ブログではてぶが手っ取り早く欲しい場合は

  • インフルエンサーのブログ(メディア)と仲良くなって
  • キャッチーなタイトルをつける
  • インフルエンサーにはてブしてもらう(このときSNSにも拡散される)
  • インフルエンサーのフォロワーがはてブをしてくる

んじゃないだろうか。

身も蓋もねーwwwwww

で、書いてて思ったのですが思い浮かんでしまうブログがありますね…。

そしてうまく使われてしまったブログにも心当たりがあるなあ…。

まとめ

自分ではそこまでインフルエンサーに近づこうとは思わないけど、はてなブログでは交流が盛んだから、結果的にそうなるかもしれないし、わからないですね。

ちょっとこれは

はてブについて調べてたらいわゆる互助会の話とか読みました。

なるほどなるほど!

どうしてこんな記事にはてブ沢山付いてるのだろうなあ、って秘密分かった気がするぞ…。

はてブはただのツールなので運用に正邪を求めるのは筋が違うのかもしれないですね。

使い手の品性が炙り出されるよいツールですw

スポンサードリンク