トキンクラブ

執着もほどほどにね

「ブログで稼ぐのは簡単」って書いちゃう人に釣られないこと

f:id:jijyoron:20161216135158p:plain

定期的にはてブにあがってくるエントリーのひとつに「ブログで稼ぐのは簡単」ってのがあります。

ブログを半年でもやっていれば、1件ぐらいは見たことがあると思います。

私はブログ初心者をカモにするために書かれたエゲツナイ代物だと認識しています。

以下私が何故そう思うか説明します。

目次

エントリー構成

「ブログで稼ぐのは簡単」という記事の構成はパターン化されています。もしかするとブログ指南書かなんかに書いてあるのかもしれないです。

大抵このような構成になっています。

  1. ブログで稼げるアフィリエイトASPの紹介
  2. 自身のブログ運営報告
  3. チャレンジを促す檄文

檄文には2種類あって

  1. 自分が出来たのだからみんなにも出来る!
  2. はじめるのは「簡単」続けるのは「難しい」

のどちらかで〆ています。

それでは何故このような構成になっているのでしょうか?

ひとつずつみていきましょう。

ブログで稼げるアフィリエイトASPの紹介

実はここでアフィリエイトASPを紹介している振りをして、紹介リンクを踏ませて登録させることで稼ぐのですね。 これが目的です。

このパラグラフでは「すべてのASPに登録しておくとよいでしょう」なんて書いてあることがほとんどですけれど、そりゃ紹介する側からすると嬉しいですからね。

現実からいえば、使うASPは最初は絞ってやったほうがいいです。システムが違うASPを複数使いこなすのは単純に面倒です。 ブログ更新に注力するべきです。なんならAmazonと楽天とアドセンスだけで十分です。

それらを使いこなしてから登録しても十分間に合います。

原則的にいえば、複数ASP登録は間違っていません。が、成果の上がっていないブログ主に勧めるのは筋が違うと思います。 それを分かってて勧めるのですから、たちが悪い。

自身がやってきたことを紹介

ASPを利用してどのような記事を書いてきたのかが語られます。 語らないと、単にASP紹介記事で終わってしまいますし、記事の信憑性が損なわれてしまうからです。

ですけれど、記事の内容が本当かどうかはその記事だけでは判断がつかないことが多いです。

そのブログの過去ログを精査して書いてあることが本当かどうかを確認する必要があるでしょう。

たとえば「月5万とか楽勝」とか書いてあったりしたら、まずはそのサイトのPVがどの程度かどうか調べてみましょう。 大抵こんな記事かくようなブログには、プロフィールページにPVが月別に書いてあったりするものです。

書いてなければダウト。書いてあったら以下のサイトでPVに対する売上げ額をおおまかに把握しておき以下の表で比べて見ましょう。

PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル? | ニュース | ブログ部

妥当かどうかがざっくりわかります。

仮に月5万だとすると、さきほどの参考HPをみると、PVが10万~30万クラスです。トップアマと名づけられている通り、アマチュアの中でもトップクラスなわけです。

ここで明らかにPVと額との相関がおかしければこれもダウト。ただし参考ですので例外もあるかもしれません。

あっていれば、まあ嘘はついていないんだな、ぐらいは判断できます。

記事を読むことになった場合、最低限このあたりは押さえておきたいです。

チャレンジを促す激

さてここから、読んでいる人を煽るわけなのですが、2パターンあります。

自分が出来るからみんなも出来るよ!

私だってできる、だからみんなも出来るよッ。がんばろ?

こういうやつですね。

でもですね、記事には書き手の個性がどうしてもでるわけで、まったく同じ記事を書くことなんかできませんよね。

作成ペースも人それぞれですし言葉のチョイス、扱うテーマも異なりますから同じようにヒットするとは限りません。

ましてや結果が出るまで粘り強く取り組める人なんてほとんどいません

だからこそ残った人達が眩しいわけです。

ですから、みんな出来るわけは、ありません。出来るのは現実的に一握りな人だけ。

それが事実です。

騙されてはいけません。

はじめるのは「簡単」成果を出すのは「難しい」

こう書くのはまだ誠実なほうかもしれませんね。

確かにその通りなのですから。

成果を出せるまで続けることが出来る人だったらですよ、ブログじゃなくても別な何かで成功するに決まっているじゃないですか。

だって粘り強く取り組みのはどんなことであれ共通する成功のパターンです。

ブログに限ったことじゃないですもん。

でもみなさんが聞きたかったのはこんな「正論」じゃないですよね?

簡単に儲かる方法だったはず。

タイトル内容に反しているといえましょう。

こういうエントリーを見かけたら

あー、またネタに困っているんだなあ、ぐらいでよいと思います。

結果を出したければ結局、粘り強く、コツコツ、記事を書き続けることしかない。

私はそう思っています。

安易な裏技で墓穴を掘りませんように。

おしまい。

スポンサードリンク