読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

幼児を持つ共働きで親に頼れない人達の辛み、わかるよ

今日嫁が職場の飲み会、私が定時以降に何故か会議が入ったため、低学年の娘を民間学童に預ました。 小学校で預かってくれる留守家庭こども会では19時までがリミットで、それ以降は原則ダメ。 なので19時以降までに迎えにいけない場合は、民間学童に預けざるを得ない。

私も嫁も実家が近くにはいないので自力で乗り越えるしかないのだけれど、それにしてもしんどい。 まだ民間学童を利用出来るだけマシなんていわれたけど、それだって毎回お願いしてたら共働きの意味ないぐらい費用が掛るわけで、虚しくなる。

現在我が家では、極力嫁が留守家庭のリミット19時までに帰れるように仕事を調整し、どうしようもないときは私が定時の18時に会社を出て迎えにいくようにしている。博多から自宅まで西鉄バスで40分程度なんだけれど接続が悪くて、ギリギリに到着しちゃうんだけど、雨が降ったり交通事情でバスなんか平気で遅れるので、常に間に合うかどうかドキドキしながらバスの時間を過ごします。

先日雨のときなんかほんとギリギリで、バス停降りてから5分間猛ダッシュで学校まで走り18時59分に施設に到着。見てくださっている職員の人から「大きな靴音が響くと思ったらお父さんでしたかw」と笑われる始末。

毎回家が最後に残っているんで、いつも申し訳ないなーと思いながら迎えにいってるんですよね...。

先月、今月そして来月も嫁の職場が修羅場だそうなので、迎え率も上がります。こっちも仕事の調整が難しくてねえ。お客さんも平気に定時以降もアクセスしてくるもんだから応えないといかんし、困ります。

システム開発なんで、自宅でリモートでつないで仕事してもいいよ、とはいってもらっているんですが、そうしたら仕事と家の区別がつかなくなるし、下手したら24時間仕事のことで頭いっぱいになるだろうから今は拒否していますが、忙しくなってきたらそうもいってられないかもしれない。

帰宅したら19時に迎えにいって小学校から徒歩5分の自宅についたら、まず手洗いうがいを2人でやります。で部屋着に着替えます。

次に娘は、先日のチェックリストに従い、ランドセルから連絡プリント、給食のお箸、ナフキンを出し明日学校で使う教科書に入替えし、宿題をします。

私は、まず風呂にお湯を入れつつ洗濯物を入れ、洗濯機に洗濯物を放り込み、冷蔵庫から晩御飯のおかずを取り出したり、なければ普通に調理(味噌汁、卵焼き、親子丼、おひたし等材料を見ながら決定)して、自分と娘分の晩御飯を用意し、今日あったことなんかを話しながら夕餉をとります。テレビはつけません。

さくっとご飯を食べ終わったら、洗い物、寝室に布団を引き、洗濯物をたたみます。娘が食事を終えていたら洗濯物を一緒にたたみます。

そして娘の宿題の丸つけ後、改めて娘用のチェックリストを使い一つずつやったことを確認します。そうすることで忘れものを防止します。

一息付いたら娘のおやつタイム。ミスターマックスで購入した徳用サイズのポテチを小分けにして与えています。あわせて徳用チョコを1本。 その間に洗濯物を干します。最近は娘も手伝います。

食べ終わったら一緒に風呂に入ります。15分ぐらいで上がります。最近九九をマスターしたのが嬉しいらしく「問題出して」とかいうので、2桁×1桁の掛け算を試しに出したらそれが面白かったらしく、ずーっと問題出せ出せと付きまとわれています。うざい。

風呂から上がったら髪の毛をドライヤーで乾かしてやり、寝る前に2人で歯磨きをします。

そうこうするうちにだいたい20時45分ぐらいになっているので、娘とともに寝室にいき布団に入って寝る準備をします。娘は愛用の初代 iPad を抱え、YouTube 21時の寝る時間まで見ます。最近は「あきらとかんな」の恋ダンスばかりみてます。それみながら布団の上で踊ってもいます。その様子を動画で撮って!と指示してきます。

そして21時に電気を消し、寝かしつけます。その間だいたい15分ぐらい。寝たのを見計らって私は自室に移動。そしてこうやってブログを記事を書く、というわけです。

帰宅以降は戦争だね。効率良くやらないと終わらないし、娘は21時に必ず寝かせないといけないから必至ですよ。怒涛です。

毎日こんなんだと、流石にツライわー。

やるけど。しかたないのでやるけれども。

まあでもさ。

うちはまだ聞き分けのある娘だからよかったし、私も嫁も身体悪いわけじゃないし、2人で子供を育てているからいうてもそこまでしんどいか、といわれるとまあ、出来る範囲だよねとは思うし、ある意味ではラッキーだなって思ってる。

世の中色んな家庭事情、あるもんね。

逆にイベントだらけで気が抜けないから、気を張って生きていけてる面もある。刺激がないとやっぱり生きてる気がしないもの。

って思うようにしているよ。実際、料理のレパートリー増えたし、家事のスキルアップのペースも異常だし、やればなんだってできるなーってアラフォーのおっさんでも出来ることめっちゃあるなー、それって結構楽しいなーって。今そんな境地に近づいてます。

しんどい中にも楽しいことや面白いこと積極的に見出して、人生楽しんでいこ?って思う。

幼児を持つ共働きで親に頼れない皆さんが、つらみに振り回れませんように。

スポンサードリンク