トキンクラブ

執着もほどほどにね

ダイエットは成功体験を積むのに丁度いいよね

あまりお互いのことを知らない職場なんかでの飲み会なんかでネタがなくなってきたら、私が20kg痩せた話を持ち出す同僚がいて、ダイエットに喰いつく女性に質問攻めに合うことが度々起こるのですね。

秘訣はなんですか、って聞かれて色々考えて話はするのですがまあ誰も聞いたところで実行するわけないので、話してても虚しいです。話した時間を返せといいたいw。

私が痩せた手法は以下の記事に詳しく書いていますので、気になる方はそちらを見ていただくとして。

半年で20kg痩せてリバウンドしていない私のダイエットの心構えについて

とにかくダイエットを成功させたかったら、いの一番にやらないといけないのは、「痩せる体験を積む」ことかなと。 まず、自分でも痩せることが出来るんだ!という成功体験をして、モチベーションを自覚するんですよ。 今回はその方法を書いてみます。

体重計にのり記録をつける

体重計に乗って体重と体脂肪率を毎日決まった時間にメモします。 そのメモは毎日目につくところに貼るなりして下さい。

そして現実を見つめます。

これだけ。

これをまずは1週間続けるだけでOK。

これだけで2〜3キロは普通に痩せます。

嘘。

って思ったかもしれないけれど本当です。

痩せるカラクリ

毎日体重を量る。現実を見つめる。すると分かっていたとは言え自分の体重に「がっかり」します。 痩せたい、と思っている人が始めるのだから当然そうなります。

すると無意識のうちに「太るのはイヤだ」という感情が芽生えます。

ここポイント。

そうなればしめたもの。この無意識さんが、普段食事を取る際にブレーキを引いてくれるようになります。

あ、これ食べたら太るかも、体重増えるかも、だったら今回は止めておこう。

おかわりしたいけど、これ食べたら朝の体重に響くよな、だったら止めとこう。

今日、ちょっと一駅歩いてみようかな、食べすぎたし、とか。

って自動的に考えて無意識に行動しちゃうんですよ。これが不思議と。

結果、食べる量が減るので、体重が落ちるというわけ。

おそらく太っていればいるほど効果があるんじゃないかな。

でここからがスタート

たったこれだけで成果が出ることが分かったら、自信が付きます。 自分にも私にもダイエット出来るかも!って。

そうなって初めて本格的なダイエットに取り組むことが出来ます。

このまま続けても痩せますがペースとしてはなだらかなものになるでしょう。

さらにペースを挙げたければ私の書いた記事を参考にして、摂取カロリーを減らすようにすると効果が高いです。

消費カロリー(運動とか)は費やす時間の割には効果が薄いですので、摂取カロリー削減と合わせて取り組むのがいいですね。

ゴールへ駆け抜けるために

あと毎回書くけど、目標体重を決めたなら「やり遂げる」という強い意志がないとダメですよ。 ダイエットでも勉強でもなんでもそうだけど、成果が出る時期、出ない時期が交互に現れます。出ない時期が結構長かったりすることも多い。

そこで挫折しないためにも意思が大切です。

大切ですが挫折はしちゃう。なので挫折してもいいように保険を掛けておくのです。目標をより大きめに掲げるんです。

私なんかは20kg痩せようと決めたとき、目標を30kg!と多めに設定しておきました。目標なんて100%はなかなか難しい。だからこそ高めに設定して7割成功すれば成功だ!ぐらいの気持ちでいくと精神的にラクですよ。

上手く自分をコントロールする術を駆使して、目標クリアをまずは体験しましょう。

一度成功を経験すると「努力すること」が楽しくなります。やれば出来る自分が好きになります。

ダイエットはいちばん身近な題材ですから、チャレンジするのオススメです。

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-313-WH

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-313-WH

そろそろ体重計買い替えたいな...

スポンサードリンク