読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

娘と散歩3コースの紹介 in 室見川

移動 移動-散歩

ここのところ毎週、娘を連れて自宅から室見川の河川敷を散歩しています。

私の片手にはポケモン GO プラス。

この季節、例年ですとコート着てても寒く散歩なんてもっての他、自宅でぬくぬくしていよう、となるところですが例年になく暖かく、今日なんて陽が出るとコートを脱がないと汗が吹き出るような気候です。

ルートは3つあります。

スタートは筑肥橋からで、室見新橋まで河川敷を歩きます。そこから分岐します。

ウエストコースト姪浜コース

室見新橋から北へとことこウエストコースト姪浜まで散歩するルート。

このルートはなんといってもウエストコースト姪浜の充実した施設です。

おしゃれ100円ショップと呼んでるセリアが娘は大好き。ここでわけわかんないおもちゃを買うんです。スライムとか。セリアは他にもプレゼント包装袋なども充実してて今回のクリスマスプレゼントを包む袋はここで買いました。

そして本好きの私はそのまま福岡金文堂へ向かい、新刊をチェック。娘は最近ヘアスタイルに凝り始めてて、ヘアスタイル本を物色していますね。

でそれが終わると、安売りでおなじみミスターマックスへいき、今週分のお菓子をまとめ買いします。当然徳用チョコも補給。

で、最後にサニー内にあるマクドナルドで定番のハッピーセットでおもちゃをゲットしつつ空腹を癒やす娘。そういえば最近ハッピーセットでナゲット選択できなくなってますよね。逆にパンケーキが増えてて、娘的にはそっちのほうがよかったらしい。

で、このまま元のルートで帰ります。

時間に余裕があったら、側にある西図書館にいったり、マックスバリュの上にあるゲオで本を物色したり(ここでファミコンミニをゲットしました)、姪浜駅のえきマチ1丁目内の福岡金文堂を巡ったり、雑貨屋を冷やかしたりしてます。

さらに時間がある場合は、姪浜中央公園で遊びます。

大抵このコースは、昼一に出掛けて、夕刻に帰る感じ(5時間)になります。

積文館〜ミスタードーナツルート

室見新橋からそのまま河川敷をとことこ歩き続けて小田部大橋で、歩道に戻るルートです。ここでは大きな地球が建物に乗っかっていることでお馴染みの積文館書店へ立ち寄ることが目的です。

1階には子供向けの本や文具、2階にはコミック売り場がある比較的大きめの書店です。ここで紹介欲しい本を娘は物色するわけですね。

でそれに飽きたら、側にあるミスタードーナツで、休憩します。私はコーヒーだけ、娘は調子がよいとドーナツ2個食べます。今日は、ハニーディップっての食べてました。

その後、橋を渡って反対側にあるブックオフにより、私が今度は物色。主に100円本、コミックのみを購入します。最近はヒットだったのが「バカ姉弟」「じゃりン子チエ」「ラブロマ」「のりりん」でした。

その後、河川敷に降りてスタート地点までのんびり散歩です。

河川敷に等間隔?で健康器具が設置されているのですが、一部子供にも遊べそうな器具があるんです。娘はそこで遊ぶのが好き。

このルートの場合は、あまり寄る施設がないので比較的短時間の散歩になります。といっても3時間はかかりますが。

木の葉モールルート

小田部大橋を越えて河川敷をトコトコ進み、橋本橋まで進みます。そこから橋本八幡宮、須賀神社を通り木の葉モールへ向かいます。通る途中、野良猫と沢山出会えます。和み。

木の葉モールは中を彷徨うだけでも楽しい施設ですね。娘は1階のフードコードの「小さいたまご」というオムライス屋のお子様ランチが大好きです。何が好きかって、おもちゃが付いてるからなんですけどね。

雑貨好きの私は、INCUBEと無印良品を巡るだけで幸せですし、2階の福屋書店は子供向けに特化したコーナーがあって、絵本を探すのに最適です。お気に入りの書店の1つです。

昔、娘は内部で走る汽車に乗りたがっていて毎回乗っていましたが、小学2年にもなると流石に恥ずかしくなったようです。成長したんだなあ。

ここまで歩くと片道3.5km。体調が良ければそのまま同じルートで散歩しながら帰ります。しんどい場合は西鉄バスで帰ります。

どのルートも娘の近況を聞きながら散歩します。娘もまだお父さんと散歩するのに抵抗がない時期?なのかな。

いづれお父さんより友達と遊ぶほうを選ぶようになると思うけど、それまでは、娘が散歩行きたい、というお願いには極力答えていこうという気持ちでいます。

そのXデーはいつのことになるのかしら。怖いわー。

スポンサードリンク