読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トキンクラブ

ごちゃごちゃいわず手を動かせ!

アクセスを考えて記事を書かないとやっぱりアクセスは減る

4月のアドセンスさんの収益が1/100に超絶目減りしててなんていうかやっぱりアクセスしていただくにはキャッチーなタイトル付けは勿論のこと「更新したよー読みにきてねー」ってSNSに投稿してアクセスしてもらうチャンスを自主的に増やさないとあかんってことなんだけれども、以前のようにこのブログでお金を稼ぐぜ~的な気持ちはすっかり薄らいでしまったので、今から腕まくって気合入れるッ!ってことはもうないかな。

もちろん、もちろん大量アクセスがあって懐が少しでも潤えば、晩酌のおつまみがワンランク上がり、クオリティオブライフの向上によるブログの記事も少しばかり気品を纏うことになるやもしれんね。わからんけど。

読み手のことを考えて読み手が求める文章を差し出すことができるブログがアクセスを集めるのはわかる。わかるし自分だって丁寧に下調べしてて話の流れも上手にコントロールしてて、最後にほろり、もしくはなるほど!と思わせてくれるブログに出会うと幸せな気持ちになる。他の記事も読みたくなる。わかる。だったら自分のブログでもそんな姿勢を学んで、実践していけばアクセスも増える、だろうってことも理解しているんだ。頭の中ではな。

一方でここはただの日記でありその日の気分について書き殴っているだけでもあって、ただパソコンを前にして今浮かんだことをつらつら書く自分もいて。

調べたり記事の構成を考えたりするのって面白いけど労力使うやん?

それ、好きで続けんだったらいいけどまあなかなか、私のレベルだと難しいかな、って。

将棋とか散歩とか料理とかやろうと思えばやれるけれど、やろうとするほど自己顕示欲が高まっていないっていうか。

タイトルのようにきちんとアクセス欲しければ、アクセスを考えて記事を書こう、ということに尽きるけれどそこまでアクセスに魅力を感じなくなったのが、記事をクオリティ上げに頑張れない理由です。昔はお金欲しかったけど、今はそうでもないんだよな…。いやあればあるに越したことないけど、そこまで金欠を怖れなくなったというか。

それはたぶん、自分の娘の成長する姿をみて、あーこいつはもう私がいなくなっても生きていけそうだ、って感触を得たからかもしれん。わからんけど。

スポンサードリンク