トキンクラブ

執着もほどほどにね

DAOKOに感じた既視感

何度もアルバムリピートしてて、この雰囲気どこかで感じたことあるなーって色々思い出して行き当たったのが、「相対性理論」のやくしまるえつこだった。無機質っぽい歌唱や歌詞の未来な感覚、声質のよさなんかに共通点を感じるなと。

そういった意味でちょっと懐かしい気もしてたんだよな。ラップだってやくしまるえつこがやっていたような気がするしね。

あとそうだ、ClariS にも雰囲気似てた気がする。

まあ、みんな良い歌歌っているのでよいよい。

追記: あと語りかけるように歌う所は、アニメ「化物語」の撫子のオープニング曲「恋愛サーキュレーション」との親和性が高い。声の質や舌足らずなところとかウルトラそっくりな気がする。

スポンサードリンク