トキンクラブ

執着もほどほどにね

情報を握り活用できたほうが色々捗る

一部の書籍ジャンルについて精通していることもあり、まとまった時間が取れればセドリで結構稼げたりする。ここ数年、値段調整とか商品調達とかやっていないけれどたぶん純益で毎月5,000円は稼げてる。たぶん10年ぐらいずーっと続いてる。

今年に入って断捨離を少しずつ行なった結果、とうとうセドリで出す予定だった書籍の詰まったダンボールにたどり着いたんだけど、いまさらいちいちAmazonに登録するのも億劫だしフルフィルメントを利用するほど物量があるわけでもないから、処分どうしようかと考えてた。

捨てるのも1つの選択だけど、どう考えてもモッタイナイ。価値が分かる人には分かるんだしそれは損失だといえる。で、検索したら駿河屋さんがまとめて買い取ってくれる、ってことがわかった。しかも事前に買取価格がわかる。

レアな作品ならそこそこに値段になっているのもありがたい。Amazonで売れば3倍ぐらいはするような作品もあるにはあるけれど、それっていつ売れるかわかんないからね…。家の本棚や押入れに死蔵されるより助かる。

値段が付かないものや、明らかにその値段はねーだろ、という作品はそのまま手元におき余裕があるときにAmazonで出品する予定。特に雑誌の処分が出来たことが助かった。

他にもまだマニアックな雑誌や珍しいエロ本なんかがあるんだけどこれらも捨てずに売却出来たらいいなあって思う。せっかく世に出たものだから他の人の目にも触れて欲しいっていう気持ちがあるよ。

というわけで、本を処分するにしても色々調べてみるとお金になるとか、寄付できるとか手段がたくさんあることがわかって楽しいねえ、って話でした。

次は、PowerBook DUO280C をどうするか、だな。まずは電源入るかどうかから調べないと。DUODOCKもあるよ。

スポンサードリンク