トキンクラブ

執着もほどほどにね

野崎まど「小説家の作り方」タイトルと落ちのバランスのよさ

小説を書くための本が好きで一時期集めていたことがあり、それは今でも大量にあるんだけど、その時期におそらく購入したまま死蔵していた1冊。蔵書整理中に発見したものです。たぶん著者名が最近ネットニュースでチラッと見た記憶があったので読んでみようかと思ったのですよ。

正解するカド」っていう人気アニメのしてるんだって。Amazonプライムなら只で見られるっぽい。

で、本作品なんですけれど、タイトルと落ちがちゃんとシンクロしてて関心した、っていう。ざっくりとした伏線の回収しているし、小品ではあるものの小一時間しっかり楽しめたのでよし。

あらすじは、駆け出し小説家に、世界一面白い小説を思いついたのだけど書き方がわからないか教えて欲しいと接触してきたファンに小説になるための方法を教えるのだけれど…という話です。

謎解き要素のある軽い話が読みたいならおススメです。

スポンサードリンク