トキンクラブ

執着もほどほどにね

結果的に0時まで働く羽目に

※7月5日に書いています

自宅で作業してたんですな。昼休み時間に娘の昼食を用意して(冷凍のチャーハンをレンジで解凍したもの、作りおきしたサラダチキンをのせたサラダ、大量のおふの入った味噌汁)そのすきに洗濯機回して、洗濯もの取り込んで畳んで、午前中に娘が終えた宿題の丸付けをしていろいろ指摘し(ちゃぶ台の勉強しているせい?か姿勢が悪くなって?漢字の書き取り時に文字が斜めになる、計算問題、ちょこちょこ間違うので検算するように改めて注意)とかしてる間に昼休みが終わり、サラダ片手にノートPC前に鎮座して、Skype、Slackのやりとりを追いつつ、設計書のチェックや、SkypeによるMTGなどをやっておったわけです。

で。

18時になりそろそろ終わりだ、嫁も18時すぎごろに帰ってくるから代わりに晩御飯でも用意しようかなーと思っていたら、私が担当じゃない実装にバグがあったという報告がありましてね。そしてその担当はすでにチームから離れている。対応できるのは私しかいない。が、その問題の実装のソースなんてみたことがない、という状況に。加えて原因究明、修正、エビデンス作成、修正データ登録までを今日中にしないと困る、とごねられてですね…。

お腹がすいた!と娘が騒いでいるので、とりあえず冷蔵庫からうどん玉を発見したので、冷やしうどんをつくり、サラダチキンサラダと味噌汁で急場をしのぎつつ、娘に風呂掃除をさせて終ったところをチェックし、「まだここの汚れが甘いね!だけど上手にできたな!」と褒めてお湯をはりつつ、デバッグ環境の情報提供を他メンバから募りながら、テスト環境、テストデータを準備。

再現テストするにも準備がいるので、お客からエラーログと投入したデータを入手。再現確認をするがうまくいかないので関係者に質問すると、ローカルでのテストは一部環境を修正する必要があるとかなんとか。…うん、まあそういうことあるよな!

とかまあいろんなトラップを乗り越えてエラー原因を突き止め修正し、エビデンスを作成して、お客さんに確認してもらったのが23時45分。お客さんも自社から一旦追い出された後、自宅に戻ってSkypeにアクセスしてるんですが、よくまーこんな時間までやるよね…。

で、エビデンスOKを貰い、データ登録をしたのが日付をまたいだ辺り。いやー、これ自宅で作業じゃなかったら帰宅できないパターンやったやないか!

なので結果的に台風がきて自宅で作業したので、この時間まで対応できたんですが、これが幸運なのかどうかはなんとも、ねえ。

とりあえず翌日の今、すんげーけだるいので殆ど使い物にならないと思います。ふー。

スポンサードリンク