トキンクラブ

執着もほどほどにね

月収と月給と手取りの違い

※8月2日に書いています

Webサイトを放浪しているとよく求人広告を見かけますけれど、「月収30万以上!」とか「年収400万から!」って書いてあることが多い。

でもさー、実際入ってみて銀行に振り込まれる額ってそこからなんやかんや引かれて手元にくるわけよ。

  • 月収:1ヶ月単位の決められた額に残業手当とか通勤手当など変動するようなものは含む
  • 月給:1ヶ月単位の決められた額。残業手当とか通勤手当など変動するようなものは含まず
  • 手取:月収から源泉徴収(社会保険、所得税、市民税など)された残り

まーなので月収30万とかいっている会社に入ると、手取りは25万ぐらいですかね。年収360万もらっていたとしても、手取りは年間で300万。それが相場ってところでしょうか。 これを十分と取るか、それとも少ないと感じるかで生き方ににも差が出るでしょうね。勿論、価値観や住んでいる場所、持ち家かどうかなどいろんなファクターがあってのことなので人それぞれだとは思います。

私の感覚だと1人暮らしならこの程度で十分すぎるほどかな、と思いますが家族を養うとなるともうちょっと頑張らないと突き上げが厳しいだろうなあ、という印象です。共働きにしてこの倍になればかなり楽になるでしょう。

私の娘の時代では共働きが当たり前の価値感になるでしょうが、私の世代はね、親が専業主婦してるのを見て育っているものだから、夫の給料が下がりがちな昨今でさえ、働くの嫌、みたいな気分が色濃く残ってるように思います。だから親の年金をあてにしていた40歳家事手伝い、働いた経験無しみたいな人も、あてに出来なくなって労働市場に出るものの、働いたことないですからね、現場では使えない、みたいで。いやー、現場も辛いし本人も辛い。しかしまあ、家事手伝いで猶予される期間も過ぎたってこった。

そんな人ほどうまく生活保護貰ったりできるのかもしれないけども。

スポンサードリンク