トキンクラブ

執着もほどほどにね

住んでいるところをさまようの好き

見たいことが風景をみることを好むので散歩する場合、基本普段と違う道を選択する。楽しい。土日とか読書に飽きたら即散歩。最近は娘(小3)もついてくるようになった。付いてくると自宅近くの焼きドーナツ屋を冷やかしたり少し足を運んでコメダで一服したり、ブックオフで100円本を買い与えたり、室見川河川敷で走り回れたり、愛宕神社に登ってやきもち食べたり、姪浜のモールにいってミスターマックスで安いお菓子纏め買いしたり、その他まあイベントが発生するからね。子供としても楽しかったりするのだろう。

私の場合は純粋?知らないものを見たいんですよね。この建物にはどんな歴史があり、どんな家族が住んでいるのか、って想像するだけで胸躍ります。見るだけで幸せなのでお金も掛からないうえに、歩くので健康にもよく、最高の趣味ではないだろうかwと自画自賛してる。

最近は空き屋とかも気になる。福岡西区のほうでも一軒家はいうに及ばずたとえばマンション、アパートでも空室ありの看板が出ているところも多い。お金になりそうな土地だったりするとつぶしてマンションを建て直す、みたいなことをするようだね。西新商店街なんか最近輪をかけて商店通りが住居に切り替わってきてて、商店街、といえなくなる日も近いんだろうなあ、って。

西新商店街あたり、一本入ると古いままの木造住宅やアパートが犇いているところがあって、そんあ狭い空間で若者?がお店を出しててほっこりする。安いのかな家賃。あー、この間 Mook に娘といったらなにやら大人たちが7~8名でミーティングをしていて。狭いのになにやら経営?について議論されていて、俺と娘の居心地の悪さよw。娘はそれでもその店の50円くじがすきなので、議論の合間にお店の人に対応してもらっていたよ。

西新に限らないけど最近は特にコーヒー屋の出店が多い印象。コーヒー嫌いじゃないけど、なんであちこちでコーヒーなんだろうか。一服する、とテーマにするのなら、紅茶でもいい気がするけどなあ。

スポンサードリンク