トキンクラブ

執着もほどほどにね

おすすめなろう小説「冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた」

なろう小説は無料だっていうのに面白い作品がごろごろ転がってて宝探し気分で楽しい。見付かった作品が素晴らしいものだったときは気分が最高にハイなるってもの。せっかくなのでその気分を共有しておきたい。

好む傾向

  • 俺ツエー、嫌いじゃない
  • ハーレム展開、嫌いじゃない
  • アダルティーな描写、嫌いじゃない
  • 血生くさいの、ちょっと敬遠
  • ほのぼの日常展開もほどほど
  • 話がまとまっていないもの、物語が収束するものがよいです

では紹介します。

第1回目

冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた https://ncode.syosetu.com/n5947eg/

作者:門司柿家

娘が可愛い&主人公の過去が見え隠れする行動の確かさ

なろう小説でうんざりする作品の傾向として、理由の後付が多すぎる、というものがある。何も考えず何も用意せずに連載を始めてしまったそれにありがちだと思うのですけど、前振り、伏線が薄いとどうしても、キャラの発言に薄っぺらく感じてしまうのよね。何故そんな発言をしたのか、と掘っていくと実は過去にそういうことがあった、みたいな展開になるのはそうだけど、その前に、発言の起点、きっかけがもっと以前からある、とかしてくれないとしらじらしいよねえ、ってなる。

で。

本作品はそういった意味で、「ちゃんとしてる」作品です。キャラの発言やら行動の理由付けがちゃんとしてる。それだけでもう賞賛されるべき。娘萌え要素はもちろんあるんだけれど、そんなことより納得できる展開である、というそのことがなろう小説でも稀有なので読む価値があるよ。

安心して読める、というのは1つの武器だなあと思った作品でした。現在も連載中で楽しみにしています。

あーもちろん書籍化もされています。

ところで、あの西尾維新がなろう小説に投稿しているんですけど。読みたいけど、体調整えてからだな...

異世界召命『人生ゲームオンライン』 https://ncode.syosetu.com/n6096et/

スポンサードリンク